初月無料お試しができるおすすめ動画配信サービスはこちら

光目覚まし時計のおすすめ人気ランキング5選

目覚まし時計 ライフスタイル

朝起きるのが辛い、朝起きても頭がボーっとする、夜寝付きが悪い、朝から体がダルイなど朝の目覚めに悩んでいませんか?朝の目覚めが悪いと仕事や学校にいくのが億劫になったりマイナス思考になったりしますよね。そんな朝が苦手なあなたには光目覚まし時計がおすすめです。朝日同等の光の照射する機能とアラーム機能がついた光目覚まし時計は、苦手な朝でもスッキリ起きられる便利な目覚ましグッズです。体内時計をリセットさせ、睡眠の質の改善にも繋がります。
そこで今回は、数ある光目覚まし時計の中で最もおすすめする光目覚まし時計人気ランキングを紹介します。

光目覚まし時計の選び方

光目覚まし時計を選ぶときのポイントは3つです。光の照度、利便性、ライトの質。これらは商品によって異なり、オプション機能も様々ありますが光目覚まし時計の効果を得るなら必ず以下の3点を確認して選ぶようにしましょう!

2,500ルクス以上の明るさ

光目覚まし時計の選ぶポイントで一番重要なのが、光の照度です。朝にスッキリ起きるためには2,500ルクス以上の光が必要とされており、1,000ルクスや2,000ルクスの光ではほとんど意味がありません。太陽の光(朝日)は10,000ルクスと言われていますが、2,500ルクスの光を浴びれば、朝日を直接浴びるのと同等の効果を得ることができます。人間は朝日を浴びることで体内時計がリセットされ脳が朝と認識しています。光目覚まし時計で2,500ルクス以上の光を強制的に浴びることで朝目覚めが悪い人でも体内時計がリセットされ、目覚めが良くなるのです。
そのため、2,500ルクス以上の明るさをもつ光目覚まし時計を選びましょう。

持ち運びができる

持ち運びができるサイズ・重量であることも、選ぶ時の重要なポイントです。光目覚まし時計は、通常の目覚まし時計サイズもあれば、空気清浄機のようにサイズが大きいものもあり、300g〜4kgほどと重さも様々です。特に光の照度が高い商品だと持ち運びができないサイズや重さのものが多く、置く場所を確保するのも移動させるのも大変で使い勝手が悪いです。ベッド横や枕元に置けるサイズ、持ち運び便利な重さの商品を選ぶと利便性が良くなります。それなら出張などでも持ち運びできるので、外出先でもスッキリ起きることができます。

LEDライトを使用している

LEDライトを使用しているかも確認しておきましょう。LEDライトは寿命が長く、交換がほとんど必要ないので通常の白熱電球を使用している商品よりもおすすめです。また、電池不要、充電不要の光目覚まし時計であれば尚良いですね。

光目覚まし時計のおすすめ人気ランキング

早速、光目覚まし時計のおすすめ人気ランキングを紹介するのですが、その前に一番人気のinti4と2位〜4位の製品を販売価格、重量、サイズで比較してみました。ちなみに、上位4位はどれも2,500ルクス以上の照度があり、光目覚まし時計として効果の高い製品です。

製品名 価格 重量 サイズ
inti4 27,700円 300g 150×120×17.5mm
ブライトアップ・クロックⅡ 20,000円 1.52Kg 110×535×135mm
グッデイライト 17,064円 2.3Kg 340×205×175mm
ブライトライトME+ 39,800円 4.3Kg 535×330×135mm

以上のように4製品を比較すると、2,500ルクス以上の光照度をもつ製品の中で、持ち運びの便利さは圧倒的にinti4が一番ですね。他の3製品はどれも重量がありサイズが大きいものばかり。光目覚まし時計としての効果は期待できますが、利便性の観点からするとあまりよくないかもしれません。

どの製品も「高い!」と思った人は多いかもしれません。光目覚まし時計の価格帯は1万円〜5万円ほどで、安いものだと1万円以下の製品もあります。ただ注意してほしいのが、安い光目覚まし時計だと十分な照度がなく、効果がない事が多いです。少し高価な製品でもしっかり朝起きられる光照度(2,500ルクス以上)の製品を選ぶことをおすすめします!

1位:inti4

inti4
inti4は、最大20,000ルクスの高照度300gの軽量タイプで、机上や壁掛けができる利便性の高さが魅力の光目覚まし時計です。睡眠の専門家集団が開発した製品で、信頼性・安全性も高く安心して使用できます。30cm以上離れた場所からでも2,500ルクス〜3,500ルクスの光を浴びられます。アラーム時刻に合わせて徐々に明るくなり、光とアラーム音で起こしてくれるので朝が苦手な方でもスッキリと起きられる効果が期待できます。価格は27,700円で、LEDライトを使用しているため寿命が長く使い勝手バツグンです。90日間の全額返金保証制度があるので、もし効果がなかったら返金してもらえます。
公式通販で購入する

もっと詳しく光目覚まし時計inti4の特徴を知りたい方は下記の記事をチェック! 実際に購入した時の体験談や感想もレビューしていますよ!

⇒⇒光目覚まし時計inti4の特徴と体験談レビュー完全版を読む

2位:ブライトアップ・クロックⅡ

brightupclock2
ブライトアップ・クロックⅡは、最大30,000ルクスの高照度、照射範囲が広く、ライトに特殊蛍光管を使用している光目覚まし時計です。特殊蛍光管はブルーライトを抑え紫外線カットした目に優しい光を照射してくれます。また、プリウェイク機能など特殊な機能も備わっており、光目覚まし時計としても効果を十分に発揮してくれる製品です。ただし、サイズが大きいので持ち運びが不便な点がinti4に劣ってしまいます。価格は20,000円で、Amazonや楽天で購入することができます。

3位:ブライトライトME+

brightlightme
ブライトライトME+は、最大10,000ルクスの高照度、高照度光療法に使用できる医療業界で認知度の高い高照度照明器具です。こちらもグッデイライトと同様アラーム機能は備わっていませんが、高照度の光を5〜30分浴びることによって体内時計がリセットされ、朝スッキリ目覚めることができます。自然光に近い白色光で紫外線カットされた光を使用しているため、目に優しく安全です。朝が苦手な方はもちろん、冬季うつ病や子供の睡眠障害、体内時計の乱れの改善にも繋がる商品です。販売価格は39,800円です。

4位:YABAE Wake Up Light

yabae
YABAE Wake Up Lightは、見た目がスタイリッシュでデスクライトにもなる光目覚まし時計です。アラーム時刻30分前から徐々に明るくなり光とアラーム音で、自然な目覚めを誘発します。1,600色の光を選択でき、その日の気分に合わせて好きな色を選べたり夜は暖色系にして読書用のライトとして使用したりインテリアライトにしたり様々な使い方ができる製品です。ただし、光照度は2,500ルクス以下なので光目覚まし時計としての効果というよりは、通常の目覚まし時計として、デスクライトやベッドサイド用のライトとして使用するのが良いでしょう。Amazonでは3,000円台〜販売しています。若干楽天よりAmazonの方が安いですよ。

5位:グッデイライト

goodaylight
グッディライトは、最大10,000ルクスの高照度、マイナスイオン発生機能がついた高照度照明器具です。冬の寒い季節に起こりやすい季節性うつやSAD(季節性情動障害)、朝スッキリ起きられない方向けに開発された商品です。光は紫外線を含まない太陽光品質のライトを使用しており、目に優しい仕様になっています。通常の光目覚まし時計のようにアラーム機能はありませんが、十分な光照度があるので朝起きてからボーっとする方や寝付きが悪い方におすすめです。価格は17,064円(税込)で、公式通販で購入可能です。

グッデイライト - 季節性うつに効果抜群のライトセラピー専用照明
季節性うつに効果抜群のライトセラピー(光療法)専用照明グッデイライトで、気持ちも体もリフレッシュ!

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は光目覚まし時計のおすすめ人気ランキングを紹介しました。朝が起きられない、朝が苦手、日中体がダルイなどの症状に悩まされている方は、ぜひ光目覚まし時計で朝に十分な光を浴びてスッキリした朝を迎えましょう!